巻き髪の魅力

定番のイメチェン

みなさんは「イメチェンしたい」と思う時がありますか?特に女性の皆さんは一度は「イメチェン」と考えたことがあるのではないでしょうか。昔はよく「失恋すると女性は髪を切る」と言われていました。それもイメチェンの一つだったと言えますね。これまでの恋を断ち切って、今日から違う自分になる、と言う決意を表すために髪を切る、と言う事だったのでしょう。最近では失恋したからと言って立川 美容室で髪を切る女性はあまりいないでしょうし、女性が髪を切ったから「失恋したのかな?」などと思う事も無くなったように思います。ただ「イメチェンしたい」と言う気持ちは、日常の中でもそういうきっかけがあるようですね。その理由は失恋ほどの大事件ではなくても、例えば学生ならば「大学生になるから」「卒業するから」という何かの節目のタイミングで考える事も多いようですね。そういう場合にはやはり「髪を切る」ことが定番のイメチェンですが、他にも「カラーを変える」「パーマをかける、またはストレートにする」など表現方法は様々です。ですが、そのような基本的なスタイルごと変えてしまう、と言うイメチェンではなくても、少し気分を変える、と言う感じの軽いイメチェンをすることも、日々の気分に変化をもたらしてくれるものです。
「アホ毛」と言う言葉を知っていますか?地方によって呼び方が違うとも言われていますが、多くの人がクセが出てウネウネしていて、髪のまとまりからはみ出して一本だけ目立つように跳ねてしまっている髪の毛のことを言うようですね。そう説明されると「ああ、それなら私にもあるよ!」と理解できる人は多いと思います。「アホ毛」と言われると、なんとなくあまり良い言葉の様には思われませんが、一説によると漫画で使われた言葉が一般化した、とも言われています。確かに他の髪の毛とのまとまりにおさまりきらないで、一本だけうねうねっと他の方向を向いている様が「アホっぽい」と言われると言い得て妙だ、と感じますね。美容師さんの中でも普通に「アホ毛」で通用しているようですが、きちんとした定義としては「頭頂部でピーンと一本だけ飛び出している髪の毛の様子」と言われる場合も有れば、「うねうねとしていて他の髪の毛とはまとまりがつかない髪の毛」である場合も有るようですね。どちらにしても、このまとまる事が難しいアホ毛、というのは、毎日のスタイリングにおいて、悩みの種になる人も多い事でしょう。「自分は直毛だ」と思っている人でも、よく見るとアホ毛があったりします。アホ毛というのは、どうしてその様な状態になってしまうのでしょうか。