巻き髪の魅力

スタイリング剤の使い方

巻き髪を自分で作るときには、スタイリングをしやすくしたりキープ力を高める為にスタイリング剤を使いますが、その使い方がスタイリングを楽にしたり、カールの餅を浴したりすることを左右するようですね。まずキープ力のある巻き髪を作るには、セットローションとかワックスを付けた方がいいですね。どういうタイプのものを使うか、というのはその人の髪質にもよりますから、正しくはびようしさんに相談するのが良いでしょう。スタイリング剤を付ける時の注意は、必ず守らなくてはいけないのはつける量です。キープ力を増すために、と大目に使う人がいますが、これは間違いです。スタイリング剤の重みで髪の毛が巻きにくくなったり、重さでカールが早く取れてしまったりするからです。スタイリング剤を付けたら、まず毛の流れとは逆方向に一度ブローをするのがコツです。そうすると髪の毛が根元から立ち上がるのでふんわり感が増します。そしてアイロンやカーラーで巻き髪を作ったら、スプレーやムースなどでセットします。この時にもやたらと振り掛けたり揉みこんだりすると、逆効果になりますから注意しましょう。セットローションを使う時のコツは、ローションで濡れた髪を一度乾かしてから巻くのが良いようです。巻く時の髪の毛の量も多すぎると巻が弱くなるようですから注意しましょう。
自分で巻き髪にスタイリングしてみたけれども、すぐに取れてしまって上手くいかない、という経験をしている人はたくさんいると思います。確かに新宿西口 美容室に行ったお願いした時には、一日中素敵な巻き髪でいる事ができますが、自分で作った時にはすぐに取れてしまう事が多いですよね。だからといってお出かけのたびに美容室でお願いする、というのは時間もお金もかなりかかってしまうので毎回美容室に行くのは無理な話です。自分で巻き髪を作って長持ちさせるコツは、一つは事前の準備をきちんとする事です。それは寝ぐせのままの髪とか、シャンプー後にすぐに巻くと、長持ちしない、と言う事です。ですから巻く前にはきちんとブローをする、ブラッシングをする、と言う事が大切です。またドライヤーを使う時には、その前に洗い流さないタイプのトリートメントを使って髪の毛をケアしておくことも大切です。これらの髪の準備をしておくことで、巻き髪のスタイリングが楽にできると同時に、とてもきれいに仕上がります。上手く巻けない、と言う事は、結局は直ぐに取れてしまう、と言う結果になってしまいますし、上手くいかないから長時間カーラーやアイロン、コテを使用する事は、髪の毛を熱で痛めてしまう事になります。上手く仕上げたければまずはその前の一手間が大切です。