巻き髪の魅力

スタイリングと日々のケア

せっかくあてたパーマのウェーブを長持ちさせるには、私達の日々の生活が大きく関係しているようです。つまり髪に関するケアと、髪のヘアアレンジです。この二点において、川越にある美容室パーマを長持ちさせるポイントがあるので、それをきちんと守るか守らないか、でパーマの効力をキープできるかどうかが決まるようです。まず一つは、毎日のスタイリングです。スタイリングの時にウェーブが出ない、と言う経験があると思うのですが、その時に調べてみてほしいのが、スタイリング剤です。実はどんなスタイリング剤を選ぶか、と言う事は、きちんとウェーブが出るかどうか、と言う事を左右します。どのようなスタイリング剤が良いのか、と言う事はその髪質やパーマのかけ具合によって違います。ですから美容室でパーマを当ててもらったら、日々のスタイリングではどのようなスタイリング剤を使うのが良いのか、と言う事をきちんと教えてもらいましょう。また最も大切なのは、日々のシャンプーとトリートメントです。まずシャンプーは何を使ても良いのではなくて、パーマをより長持ちさせるシャンプーがあるので、そちらを使いましょう。オススメなのはアミノ酸系のシャンプーです。髪への刺激が少ないので、ダメージが最低限ですみます。またトリートメントも手触りなどを重視するのではなくて、きちんと内部まで浸透してくれるものを選ぶようにしましょう。
いくら水道水には塩素や銅イオンが含まれているから水道水で髪を洗うのはよくない、と言われたとしても、実際の問題として、水道水以外で髪を洗う、というのはかなり難しい話です。もしも地域などによって塩素の含有量が高く、気になるのであるならば、最近では水質を変える事の出来るシャワーヘッドなどももあるようですから使ってみるとよいかもしれませんね。ですが結局髪の毛に影響を与えるのは水道水だけではありません。もしも水道水でそのような影響があるのであれば、それを補修するような成分を含んでいるシャンプーやコンディショナーを使用すれば、それでプラスマイナス0と考える事も出来ます。たとえば最近ではシャンプーでもPH地を弱酸性に保つことができるシャンプーもありますし、アミノ酸やたんぱく質を補給するように出来ているシャンプーも有ります。水道水の質を変える事を考えるよりも、そういったヘアケア剤に変えてみる事の方がはるかに簡単です。つまり塩素が強い水ならばシャンプーでPHコントロールをして改善する、銅イオンでタンパク質が流出してしまのであれば、アミノ酸系シャンプーでそれを補う、といった考え方です。実際に水道水による髪への影響よりも、シャンプーによるヘアトラブルの方が多く報告されていると思われます。