巻き髪の魅力

カーリングローションの使用

巻き髪を作るときにまずは、事前に髪の毛を扱いやすい状態にしておくことが大切です。寝癖が着いたまま、とか絡まったまま、というのでは上手くスタイリングが出来ないので時間がかかってしまう上に長持ちしません。まずは髪をキレイに整えてからスタイリングを始めましょう。そしてスタイリングを始める前にもうひと手間かけるとスタイリングが上手くできます。それはカーリングローションを使う事です。御徒町 美容室巻き髪にする所に前もってスプレーしておくと、カール部分のスタイルをキープしれくれると同時に、スタイリング時のアイロンやコテによるダメージから髪の毛を守ってくれる働きも有ります。そしてさらに凄いのは、カーリングローションには、カールを再現する力も有ります。つまりカールがだんだんゆるんできても濡れた手で髪を揉みこんでカールを復活させる、という効果も有るようです。ぜひ使ってみたいものですよね。ただカーリングローションはとてもキープ力がある分、最初の使い方を間違えると、思った以上にきついカールになる場合があります。カーリングローションを使うのであれば、ローションで濡れた髪の毛は、一度ドライヤーで乾かしてからカールするようにすると、カールのかかり過ぎを防ぐことができるようですよ。
巻き髪スタイルを毎日する人にとって、とても気になるのは、アイロンやコテの熱で髪の毛を傷めてしまうのではないか、という心配でしょう。それは確実に髪の毛を傷める行為だと言っても良いかもしれません。ですから十分に熱から髪の毛を守ってやる対策をする事と、熱に当てた髪の毛のケアが必要になります。まずは何もつけない髪の毛をいきなりアイロンやコテでスタイリングするのではなくて、かならず熱から髪の毛を守るローションなどを使いましょう。巻き髪用のローションなども販売されていますから、自分の髪質に合ったものを選んで使用しましょう。そういうローションは大抵の場合、その後のカールを長持ちさせてくれる働きも兼ねていますから便利です。またやってはいけないのは、濡れている髪の毛にアイロンやコテをあてる事です。髪の毛にダメージを与えてしまう事も有りますが、思った以上にカールが強くついてしまう事も有りますので注意しましょう。ローションは髪全体に付けるのではなくてカールを付けたいところに部分的につければOKです。また日頃からカールをしない日も、洗い流さないトリートメントなどを使用して、常に髪の健康を意識しておきましょう。たいていの人はパーマ、カラーもしたうえで巻き髪スタイルをしますよね。全てにおいて髪に負担をかけている事を忘れないようにしましょう。